10歳若返る、美しい身体の作り方〜1〜

スポンサーリンク

こんにちは!ラテンダンサーのりえ(41歳)です。

年齢公開してみた(笑)。ちなみにもうすぐ42です。

さて、
Twitterでこんなツイートを見かけました。

”「1ヶ月分、ブログに書けるネタを集めてから書き始めよう!」と思ってる人は、情報収集に長い時間がかかってなかなか書き始められないのに、
ネタも無いのに、「今月これについて書きます!」と宣言した人にはどんどんネタが集まる”

!!!
なるほど!宣言しちゃうのね。
何書こうかな〜、書くことないな〜、
とついついサボりがちなブログ。

ということで、宣言します。

しばらく、アンチエイジングについて書きます!


まずは、ダイエットインストラクターとして、アンチエイジングとダイエットとか
らめて・・・(・´_`・)


老化っていつから始まるの?

老化は20代から始まると医学的には言われていますが、20代前半で老化を実感する人ってそれほどいないと思います。
ほとんどの方は30代の後半、40代で老化を実感するかと思います。
だいたいの方が「あれ??もう若く無い?」と感じ始めるのは20代後半〜30代になってからだそうです。

  • 痩せない!?

    20代までは、やばい!太った!と思ったら、体重を簡単に落とすことができました。 ちょっと食事をセーブして、サウナパンツを履いて運動。
    頑張れば1日、2日であっという間に元に戻ります。
    だけど、30代になると、1キロ落とすのが簡単ではなくなります・・。
    「食べる量は20代よりも減ったはず。運動もそんなには減ってないけど・・・。」
    そう思っているのは、あなただけではありません。

  • 基礎代謝?

    20代から30代になると、生きてるだけで消費するカロリー(基礎代謝)がマイナス70キロカロリーほど減少します。40代ではさらにマイナス70キロカロリー。
    ということは、20代から40代でマイナス140キロカロリー
    マイナス140キロカロリーってどのぐらいかというと・・・
    小さいご飯茶碗1杯分です。
    毎日ご飯1杯多く食べてることになる!?
    塵も積もれば山となる。これ、まずいですよね。
    とりあえず、40歳になったら20代の時よりご飯1杯分は減らさなければなりません。

  • 運動してない人はさらに!

    筋肉量が激減。
    体重は同じでも筋肉ではなく脂肪になるので、見た目はぶよっとした状態に。
    筋肉はキュッとしまっていますが、同じ重さでも、脂肪だとかさが増します!

    なので、体重が変わらない、と安心していられません。
    人に「ねえ、あなた何キロ?」とは聞きませんよね?
    でも、同窓会で久しぶりに会った初恋の人に、「あれ、10年ぶりに会った彼女、なんだか一回り大きくなってたな〜。」などと思われてるかもしれないんです!

  • 体重より断然見た目が大事!!
    筋肉と脂肪、若く見えるのはどっち!?

    なんたって、見た目が美しいもの勝ち!
    45キロでぶよぶよよりも、50キロで引き締まった身体の方が魅力的です。
    ウエストもキュッと締まっていたいし、二の腕も振袖は若く見えないですよね。
    お尻もキュッと上がっていたいです。
    そんな身体だと30代、40代、50代になっても、ぜったい若く見られます!

  • 歳をとって、運動をしないなんて選択肢はありえない。

    なので、ダイエットインストラクターとしての観点から見ても、運動は大切。
    ウォーキング、ヨガ、など無理のない有酸素運動をしましょう。
    週に3〜4日、1日30分〜1時間くらい運動できればいいですね。
    プロダンスインストラクターとして、もちろんダンスもオススメです♪

    なんだかんだ、私もダンスのレッスンがあるので、わりと好きなものを食べて生きていけます。暴飲暴食後にも、数日の自主練習で調整できますしね。

    〜まとめ〜
    
    ・若く見られたいなら、筋力維持が大切。
    
    ・何もしなくても消費するカロリー(基礎代謝)が減るので、
    30代、40代からは有酸素運動を生活に取り入れましょう。
    
    

    次は、具体的にどんな運動が効果的か考えていきますよ〜!



ga('set', 'dimension1', '54.82.29.141');