2017シンガポール遠征記(1)

スポンサーリンク

こんにちは、里枝です。

シンガポールの世界大会に出場し、
昨夜、無事シンガポールから函館に戻りました。

SNSでは、写真をUPしていましたが、
今日から数回に分けて、シンガポール遠征記をブログに書いて行きますね。

1日め〜移動日〜

11/23(木)は、旅行の準備と移動の日でした。

旅行準備

持ち物は、
衣装、シューズ、化粧品、夏服、サンダル、コンセント変換プラグ、コンタクトレンズ、基礎化粧品、洗面道具、パスポート、eチケット

荷物は最小限に抑えたい、とPCは置いていきましたが反省。
スマホだと上手くブログに画像を上げられず、帰国後の更新になってしまいました。

スマホだけだと色々思いついた仕事もできないし、
私は今度から、ノートPCを持ち歩こうと思います。

パスポートとお金さえあればなんとでもなりますが、
持っていってかないと不便なのは、コンセント変換プラグ

せっかく充電器を持っていっても、日本のコンセントが使えない場合が多々あります。
各国対応のコンセントがあれば、どこに行っても安心。

インフラが整っている国だと、空港やホテルでUSB充電できたりします。
日本とシンガポールの空港ではUSB充電できました。

フライト

函館 → 羽田 で21:00着。
国際線乗り場に無料バスで移動し、
居酒屋でご飯を食べ、
0:30 羽田出発。

7時間ちょっとのフライトで、チャンギ国際空港に到着しました。

7:00到着。日本とシンガポールの時差はたったの1時間。

チャンギ国際空港は、とっても綺麗な空港です。
シンガポールは大都会!



2日目〜マリーナベイエイリア観光〜

MRTで移動

空港で荷物を受け取り、MRT(地下鉄)で会場近くの駅へ。

MRTは3回乗車ごとに割引が受けられるので、
出てきたカードはそのまま持ち歩きましょう。6回使うと終わりです。

空港から市街までは30分くらい。

今回は両親も一緒だったので、
まずは両親の泊まる、会場近くのホテルに荷物を預けました。

シンガポールでは、コインロッカーがほとんど見当たらないので
注意しましょう。
チェックイン前でも、ホテルで荷物だけ預かってくれます。

マリーナ湾をお散歩

会場のサンテック・コンベンションセンターから徒歩10分ほどで、
マリーナ・ベイエリアへ。

写真の右側に小さくマーライオン、
左側にビルの上に船の乗ったマリーナ・ベイ・サンズ。

マリーナ湾は歩いて散歩できます。
1時間で1周できるくらいの距離。

観光客がたくさんいます。
外は暑いので熱中症に気をつけましょう。

橋を渡って、マリーナベイサンズへと向かいました。

2017シンガポール遠征記(2)へ続く〜



ga('set', 'dimension1', '54.82.29.141');