桃太郎でバースデー♪

スポンサーリンク

先日、メッセージで

「彼の誕生日にサプライズしたいんです・・・」

というご相談を受けました。

彼女は札幌、
彼は函館。

同じ北海道ですが、片道4時間の旅。

他の県なら隣の隣。
東京から岐阜くらいかな?(ごめん、テキトー。距離感わからない)

遠距離恋愛のお二人は付き合って半年だそう。

そんな彼女のお願いに、キュン!

頑張って盛り上げるゾーーー!
と、クラッカーとパーティーグッズをダイソーで仕入れ、スタンバイ。

ケーキは早い時間、彼女が桃太郎に預け、冷蔵庫にイン。





そして、お二人がご来店。

偶然を装って、彼女が彼を桃太郎に誘い出したそう。

函館の方ですか?とかお話をしながらも
私の心臓はバクバク。

このミッションは失敗できない・・!!

〜やりたいこと〜

・ケーキを取り出してローソクをさす

・電気を消す

・クラッカーを鳴らす

・バースデーソングをUSENのカットインで流す

・ローソクに火をつける

・ハッピーバースデーを彼女、私、岡田で歌う

・彼の首にレイをかける

・彼に火を消してもらう

・写真を撮る

多い。多すぎる。

今、頭の整理がなされてうまく箇条書きできたけど、
その時の私の頭の中はごちゃごちゃ

接客にも身が入らず(汗)すみません・・

そわそわしながら、
気がつくと23:50。




「は!!そろそろケーキを用意せねば・・」

岡田にその旨を伝えようと
「もうそろそろだよ」と囁くと、
「任せとけ」的な合図

「じゃあケーキのことは任せたよ」
という目配せをして
カウンターでドリンクを作る。

23:58。

時が経つのは早いもの。

早すぎる。

テンパりながら岡田を見ると

何も用意してない。

「おいいいいいいいい!」

天然の岡田に任せた私がバカだった。

いや、よく考えたら

合図とか目配せとかばかりで、言葉にきちんと出さなかった私が悪い。

というか、この際そんなことはどうでもいい。(いや、ごめん)

ケーキを出さなければ!!!

焦りながら、

再び岡田にケーキを出してローソクをさすよう指示。

もう明らかにバタバタしてた。

焦ってた。

早くしないと!

そんな思いで電気を消した。

「・・・・・。」

やばい。

音楽のカットインを頼むの忘れていた

電気のスイッチから音響までの距離2メートル。

岡田の方が近い。

待つしかない。

「・・・・・・。」

「え!?停電!?」

二人ではない。

これは、私が無意識に口に出してしまったセリフ

・・・。いま思うと、こっ恥ずかしい。

まごまごしながらも
やっとバースデーソングがかかる。

ハッピーバースデー トゥ ユー♪

いえええええい!!

おめでとうございます!
間に合った〜!(?)

え!ええええ?!と言いながら嬉しそうな彼。

フーー!の写真も撮れたよ!(UP許可済み)

よかったーー♪

サプライズは成功!だよね。

優しい彼女!

素敵なカップル!

誕生日に桃太郎を選んでくれてありがとう〜〜〜!!!

末長くお幸せに〜♪

・・・閉店後、

クラッカーとレイが虚しく椅子の上に並んでいた。

〜おしまい〜

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

8月バースデーパーティーを開催しようと思います。
現在2名様いらっしゃいます。(S様、Mちゃん)予定はまだ未定ですが、平日の予定。

私8月だよ〜!という方、ぜひ教えてくださいな♪

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村



コメント

  1. canada buller より:

    Wonderful, what a weblog it is! This blog presents useful information to
    us, keep it up.

ga('set', 'dimension1', '54.90.185.120');